ページトップへ

福井県まちづくりセンター

地域課題解決、プロジェクト設立、事業構築等のご相談を随時承っております。

CONTACT

福井県まちづくりセンター

企画を3つの視点で作る。 ※内容により2つ4つと変動
恐らく、これは完璧に出来ている方は殆どいないと思います。
ポイントは「その人になりきりシュミレーション」です。
憑依してなりきる事で
・抜けの防止
・ブラッシュアップ
が期待されます。

①主催者目線
企画を作る主催者(運営者)目線。
これは誰もが出来ています。


②クライアント目線
参画する事業者目線。
クライアント目線で考える事で、情報不足、企画の抜け、メリットの更なる構築、疑問点の発見等が期待できます。
イベント例
出店者になりきり考えます。そうすると色々疑問点が生まれます。
・搬入と搬出はどこからで何時から?
・店舗の看板は用意してもらえるのか?
・SNSで広報したいけど、画像データが欲しいな。
・電気1500w迄使えると聞いたけど、口数はどれだけ用意してもらえてるのか?
・当日昼休憩で店舗をその時間閉めて良いのか?
・早期完売したら搬出して良いのか? 
・ゴミ箱はあるのか?出店者で持ち帰りか? 等


③参加者目線
参加者目線で考える事で、情報不足、企画の抜け、サービスの拡充、利便性の向上、疑問点の発見等が期待できます。
イベント例
・雨天中止とあるが、いつどこで情報が公開されるのか?
・駐車場はどこにあるのか?そもそも用意してないのか?
・連絡したいけど、問い合わせ先が記載なくて分からない。
・子供と行くが、おむつを替える場所はあるのか?
・会場が分かりにくいのでMAPが欲しい。
・抽選で景品もらったけど、袋が無い。
・暑くて日差しが無い場所が欲しい。 等

このように、様々な目線に立つと、色々な事が見えてきます。
常に3つの視点で見る事で、企画が良くなります。


この記事はノウハウの一部を簡潔に紹介しております。
手法・事例の詳細は文字では全て書ききれない為、省かせて頂いております。
伴走支援では、プレイヤーの事業を通してノウハウを活用し支援・育成を行っております。